https://www.pipedohd.com/

パイプドHDグループ
     採用サイト

HOME > 新卒採用

新卒採用


 我々は「明日のあるべき豊かな情報生活に貢献する企業集団」として、ITを取り巻く環境が変化し続ける状況の中で、常に明日のあるべき情報生活を志向しながら世の中に商品・サービスを提供し続けていきたいと考えています。


 イノベーションの源泉は常に辺境にあります。


 IT環境が変化すれば、それを利用する現場の日常に「あるべき」姿が具体的に想像されます。そのあるべき姿を実現するための商品・サービスを企画し、提供することで社会の豊かさを追求することが我々の使命であり、当グループの存在意義です。



代表取締役社長兼執行役員グループCEO
佐谷 宣昭(サタニ ノブアキ)


募集要項(RECRUIT)

 
(1)雇用形態
   正社員 (試用期間:原則3ヶ月 ※当社規定による)
 
(2)募集職種
   開発職
    ・ソフトウェアエンジニア(プラットフォーム開発)
   総合職
    ・アプリケーションエンジニア(ソリューションエンジニア)
    ・ITコンサルタント
    ・カスタマーサポート
 
   ※パイプドHDで約6ヶ月間の研修の後、グループ事業会社へ転籍となります。
   ※転籍先のグループ事業会社や部署によっては上記ポジション以外の可能性もございます。


(3)募集グループ事業会社
 ・株式会社パイプドビッツ
 ・株式会社ゴンドラ
 ・株式会社フレンディット
 ・株式会社カレン


(4)応募資格
   2019年3月末までに国内外の大学院、大学、高等専門学校、専門学校を卒業・修了(見込)の方
 
(5)募集学科
   全学部・全学科
 
(6)勤務地
   本社 東京都港区赤坂二丁目9番11号オリックス赤坂2丁目ビル
   ※研修後のグループ事業会社によって、本社オフィス以外が勤務地になる場合もあります。


(7)就業時間
   1カ月単位の変形労働時間制(週平均40時間以内 月間所定労働時間160~177時間)
   ※原則 9:00~18:00
   ※時差出勤、時短勤務制度あり
 
(8)給与
   月給22.6万円から
   ※勤務地調整手当3万円+時間外割増賃金(45時間相当分)55,453円/月含む。45時間超過分は別途支給
   ※個々人の能力別に当社独自の基準で評価
 
(9)賞与
   年2回(4月、10月)
   ※研修結果・業績・貢献に応じて当社規定により決定します。
   ※試用期間は賞与算定に含まれません。


(10)休日・休暇
   休日:年間休日123日 完全週休2日制(土日)、祝日、年末年始(※当社規定による)
   休暇:有給休暇、特別有給休暇(慶弔、子の看護、介護など)
 
(11)福利厚生
   ・勤務地調整手当(東京月3万円、大阪・名古屋月1万円、その他月1万円)
   ・各種手当(超過時間、深夜勤務、休日出勤 、育児、委員会、通勤手当)
   ・社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)
   ・関東ITソフトウェア健康保険組合加入の福利厚生利用可
   ・ライフイベント支援(産前産後休暇、介護休暇、子の看護休暇、時差出勤、時短勤務)
   ・助成制度(PC購入助成金、社内サークル助成金)
   ・表彰制度(MVP、次世代スター)
   ※グループ事業会社によって異なる可能性があります。

社員インタビュー(1)篠原 宇【ソフトウェアエンジニア】

Q1.自己紹介、入社の理由をお聞かせください。
 大学では最初音響やマルチメディア系のものにかかわり、その後、音響からプログラミングを触っていました。そのため、大学卒業後に、1年間専門学校に行って基礎的なプログラミング(C言語)を扱っていました。
 パイプドHDグループを知ったきっかけは、その専門学校の求人にたまたまあったことです。就職活動は「面白そう」と思えるかどうかが軸でした。求人の中には受注開発のような会社が多かったのですが、自社でサービスをもって自分たちでプロダクト持っている方が愛着があっていいのではと思い応募しました。


Q2.初めての配属当時についてお聞かせください。
 基盤開発部という部署に配属でした。スパイラル® の基盤部分や配信エンジンを開発していました。その後、今の第二プラットフォーム開発事業部で新しいプラットフォームの開発をしております。配属後に苦労したのは、C言語を勉強していたので、プログラムはかけましたが、一番はJavaを使っていたため少し不慣れであったことです。
 努力らしい努力ではないかもしれませんが、隣の席の先輩がものすごくできる方なので、すぐに聞く事を繰り返していました。


Q3.今のお仕事のミッションを教えてください。
 新しいプラットフォームを作る部署なので、企画、ヒアリング、仕様設計などを行っています。
 また、ベトナムのオフショア管理をしているため、時差や言葉の問題があったり、現地のSEとはブリッジエンジニアを介していますが、苦戦中です。


株式会社パイプドビッツ 2013年入社
第二開発プラットフォーム開発部
篠原 宇


Q4.仕事の中でのモチベーションを教えて下さい
 自分のやりたいこと(新しいこと)に挑戦出来ることが楽しいです。それが今の仕事上のモチベーションになっています。


Q5.これまでの失敗体験は何ですか?
 システムの不具合を出して、お客様にご迷惑をおかけしてしまったことです。その経験もあり、品質を上げるために、今はテストやレビューを徹底しています。


Q6.これまでの成功体験は何ですか?
 メール配信をする際に、エラーが多いと受信されなくなってしまいます。スパイラル® は共用サービスのため、あるお客様のメールが受信されなくなると、他のお客様も受信されなくなってしまいます。そのため、大量のエラーが出ている時は強制的にストップをかけるといった新機能を開発しました。当時は現場から批判的な声もありましたが、今はエラー率も低くなり改善されています。


Q7.1日の仕事の流れを教えて下さい。
 朝出社して、ベトナムからの業務依頼のチェックをします。その後、約2時間の時差があるので11時頃にベトナムメンバーと朝礼をします。その後、質問があれば都度回答をしながら、隙間時間で自分の設計を進めていきます。


Q8.今の仕事のやりがいはどのようなところですか?
 これまでは既存サービスの開発であったため、既に利用されているお客様への影響を考えてしまいましたが、新しいサービスの開発を行っているため、制約なく色々な事にチャレンジが出来ることです。


Q9.将来的にやってみたいことはございますか?
 迷惑メール対策推進委員会というものに参加しているのですが、社内の中の話だけではなく。世の中的に、もっと広い視野で関わっていきたいです。


Q10.就活生へ一言お願いいたします。
 就活では、自分が楽しいと思えることをやった方がいいと思います。そうでないとモチベーションが続かないかと思います。当社グループであれば、自分で創意工夫が出来る人があっていると思います。新しいものを作っていくという部署であることもありますが、「こういうアイディアはどうですか?」と自分のアイディアを発信できることが大切だと思います。

社員インタビュー(2)田中 貴久 【アプリケーションエンジニア】


株式会社パイプドビッツ 2014年入社
第一ソリューションエンジニア支援部
部長 田中貴久

Q1. 自己紹介をお願いいたします。
 2014年に新卒で入社し、IT業界のお客様向けにSIPRAL® を提供しているICTソリューション事業部に所属していました。
 業務としては、お客様の業務・運用及び課題をヒアリングし、お客様に合ったアプリケーションの設計・開発をメインに行っております。


Q2. アプリケーションエンジニアとして1日の業務の流れと、ミッションを教えて下さい。
 開発スケジュールの確認から始まり、設定作業、進捗確認の流れを管理しています。当日中にどこまで開発を進める必要があるか、常に期日を意識し、客様へアプリケーションを納めることが出来るスケジュール管理を徹底しています。
 最大のミッションは「品質と期日を守る」事です。アプリケーションをご利用いただくまでに、お客様と納品日の合意を取り、いただいた要件を満たした納品物となっているかを確認いただく過程が必ずあります。その期日や品質をずらしてしまうと、お客様の運用開始が遅れることとなり、お客様のビジネスへ大きな影響を与えてしまい、信頼を失うことにつながるためです。


Q3. 一番の成功体験は何ですか?
 四半期ごとに行われる表彰式にて、技術的な賞を受賞したことです。入社してから、技術的な側面で貢献したいとずっと思っていたので、受賞できた時はとても嬉しかったです。


Q4. 一番辛かった思い出は何ですか?また、それをどう乗り越えましたか?
 大規模なシステム構築プロジェクトを任されたのですが、当社のSPIRAL® と他社システムを連携したシステム構築する案件であったため、システム連携が上手くいくか、納期などにずっと不安を抱えていた思い出です。
 とにかくスケジュール、タスク管理を徹底し、常にリスクを推測しながらプロジェクトを進めることで、乗り越える事が出来ました。遅くまで作業をすることも多く苦労も多かったですが、無事にシステムのリリースを迎えられました。


Q5.尊敬している上司・先輩はいますか?どんなところを尊敬していますか?
 当時のICTソリューション事業部をまとめてくれていた上司の2人です。2人とも関西出身であるため、部署はいつも大阪弁を交えた楽しく明るい雰囲気に溢れていました。
 尊敬しているところは、どんな時でも明るく、普通なら根をあげそうな業務でも持続的に業務をこなすことができるところです。また、マネジメントする立場として、客観的に状況を見て素早い判断と調整ができるところです。


Q.6最後に就活生に一言お願いいたします。
 本インタビューを受けながら、自分の就職活動を振り返ると、大変なことも多かった就職活動ですが、苦労した分、会社に入って役に立つことも多いので、やってよかったなって思います。就活生の皆様、最後まであきらめずに頑張ってください!

社員インタビュー(3)村尾 幸一【ITコンサルタント】


株式会社パイプドビッツ 2014年入社
公務・文教ソリューション事業部
事業部長補佐 村尾幸一

Q1.自己紹介をお願いします。
 大学では、国内政治・行政学を専攻していました。当社を選んだ理由として以下2点があります。
1.政治に関わる仕事がしたかった。
2.いち早く社会人としての経験を学びたかった。
現在は営業をしております。研修では営業・サポート・開発の勉強をさせていただき、配属後は半年間アウトバウンド営業(新規顧客開拓)を担当し、その後は中央官庁・大手広告代理店を担当しております。


Q2.営業担当として1日の業務の流れを教えて下さい


【一日の業務の流れ(例)】


8:45~9:00  出社・メールチェック


9:00~9:30  朝礼・メール返信


9:30~10:00  訪問準備


10:00~12:00 クライアント訪問


12:00~13:00 昼食


13:00~14:00 メール対応・提案資料作成


14:00~14:30 訪問準備


14:30~16:00 クライアント訪問


16:30      帰社


16:30~18:00 メール対応・提案資料作成


18:00~18:30 終礼

Q3.今のお仕事のミッションを教えてください。
売上計画の達成と新規プロジェクトの立ち上げです。


(1)売上計画の達成
 当社はクラウド事業をストック型ビジネスで提供している会社のため、日々ではなく、月々で売上が管理されています。そのため、月毎に各々に割り振られた計画を達成することが営業担当のミッションとなります。


(2)新規プロジェクトの立ち上げ
 (1)に加えて公務・文教ソリューション事業部では、「システムに関わらず、クライアント様のご要望にお応えしていく」ことをモットーに、新規プロジェクト立ち上げを推奨しています。
 私の場合は、「中央官庁調査委託事業(コンサルティング業務)プロジェクト」を立ち上げ、システムではなく、調査業務コンサルティングを行っています。


Q4.一番の成功体験は何ですか?
 配属後半年後、尊敬している上司から、広告代理店の大型案件を任せていただき、やりきることができたことです。
 当時は、新規開拓営業を主として行っていたこともあり、大規模案件を担当したことがありませんでした。そのような時に「やってみようかの」一言をいただき、大手広告代理店からのシステム開発の仕様策定から、運用までを主担当として対応させていただきました。
 不具合が発生したり、スケジュールのズレが発生したり、と課題も発生しましたが、代理店担当者様のご配慮や、社内のサポートもあり、大きなトラブル無く完遂することができました。なにより、案件が終わった段階で、代理店の担当者様から「担当が村尾さんで良かった。また一緒にお願いします。」の一言をいただいたときは、心の底から、頑張ってやりきってよかったと思った事を覚えています。


Q5. 一番辛かった思い出は何ですか?また、それをどう乗り越えましたか?
 メガバンク様向けのイベント受付システムを広告代理店様からいただいた時、システムに不具合が発生し、連日会社に泊まり対応していたことです。
 不具合に関して、当社のシステム開発担当者と、広告代理店担当者との昼夜を問わない対応を一緒に行いましたが、体力的に一番辛かったです。ただ、上司も一緒に泊まっていただきながら、広告代理店担当者からも「なんとか乗り越えましょう!」とメガバンク様からの対応を一手に引き受けていただく等のサポートのおかげで乗り越えることができました。今でも、その広告代理店担当者とはよく飲みに行っています。


Q6. 尊敬している上司・先輩はいますか?また、どんなところを尊敬していますか?
 前述した上司です。やる気のある人には、どんどんチャレンジをさせてくれる上、「責任は私が持ちます。」と、社内調整が必要な時やトラブルが発生した時には率先して対応・責任を持っていただけるからです。私も、そのような上司になりたい、と心から思っています。


Q.7 就活生に一言お願いいたします。
 私も就活を行っていた頃を思い出すと、100社ESを提出して、通過が5社だった覚えがあります。当時は辛く、たばこを始めたくらいでした(苦笑)
 今、働きたい、と思っていた業種に、ITのプロフェッショナルとして関わらせていただいております。今志望している会社に入っても、何をするかは入ってみなければ分かりません。
 採用されるのは、スタートでしかないので、この会社は合っていない等の選り好みをせず、"与えられた業務を全力でやってみる"を実践すると、今度は自分の行きたい部署や業種から呼ばれたりすることもあります。まずは、就職活動を選り好みをせず、様々な企業を受けて勉強してみてはいかがでしょうか。

選考フロー


(1)会社説明会
   ※参加必須。希望者限定で開催中。
   ※服装自由 
 ↓    


(2)エントリー
   ※応募書類:履歴書
 ↓ 


(3)選考
   ※筆記試験、面接などを複数回行います。
 ↓ 


(4)内々定


問い合わせ先

〒107-0052
東京都港区赤坂二丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル(受付:10階)
TEL:03-6744-8039
メールアドレス:recruit@pipedohd.com
パイプドHD(株) グループ採用推進部 採用担当宛


ご不明点などございましたら、お気軽に電話またはメールにてご連絡くださいませ。


ホームページURL
https://www.pipedohd.com/